2010年02月26日

輸入小麦5%値下げ=4月から、国際市況反映−農水省(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は26日の閣議後会見で、政府が買い付けて国内製粉業者に売り渡している輸入小麦の価格(主要5銘柄の加重平均)を、4月1日から5%引き下げると発表した。小麦の国際市況を反映した措置で、引き下げは昨年10月に次ぎ3回連続。小麦を原料とするパンやめん類、パスタの値下げにつながると期待される。
 4月からの価格は、1トン当たり現在より2500円強安い4万7160円となる。 

【関連ニュース】
家庭用小麦粉を値下げ=日本製粉と昭和産業
日清フーズ、家庭用小麦粉値下げ
日清製粉G、純利益150億円に上方修正=10年3月期予想
業務用小麦粉を値下げ=日本製粉と昭和産業
日清製粉、業務用小麦粉を値下げ

県知事選で供応容疑、理事長逮捕=民主落選候補の運動員−長崎県警(時事通信)
爆発物探知機 アキバで実験 所要時間3秒、高感度(産経新聞)
非核兵器国への核使用禁止求める=日豪外相が共同宣言発表(時事通信)
<顧問・参与>各府省庁で計187人 最多は外務省の34人(毎日新聞)
<石川衆院議員>続投改めて表明…帯広で「励ます集会」(毎日新聞)
posted by オオヤギ タダユキ at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。