2010年04月19日

富士通役員らを提訴…投資会社、名誉棄損で(読売新聞)

 富士通の野副州旦(のぞえくにあき)元社長の辞任問題に関連し、「反社会的勢力との関係が疑われる」とされ名誉を傷つけられたとして、投資会社「サンドリンガム・プライベート・バリュー」と同社の代表ら2人が15日、富士通の秋草直之相談役、間塚道義会長ら3人を相手取り、3億3000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。

 投資会社は「報道等を通じて著しい社会的評価の低下が生じ、業務に多大な支障を来すことになった」と主張している。富士通は「訴状を見ていないので、コメントできない」としている。

<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
民主、新人議員研修を終了へ(産経新聞)
男児ポルノサイト主宰者、東南アジアで児童買春か(読売新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)
posted by オオヤギ タダユキ at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。